PCで副業するデメリット

コロナ禍での収入減で副業を始める人が増えています。

中でもPC一台でできる副業は人気も高く、検討している方も多いのではないでしょうか。

副業のメリットの一つとして、手軽に始められることがあります。

ただ、その反面辞めることもたやすく継続できずに探し続けているという人もいるようです。

ここで紹介するデメリットを参考に、じぶんに合った副業探しをしていきましょう。

初期費用がかかる

 まずはPCが必要です。

インターネットに繋がる環境を準備するにも費用がかかります。

最初から準備するとなるとある程度の初期費用は用意する必要があります。

機器系トラブル

 PCやインターネット周りのトラブルが発生した場合、仕事そのものができなくなります。

修理に出すにしても、時間がかかる場合はその期間作業を進める事ができませんし、本業では会社が経費として直してくれるところを自費でまかなわないとなりません。

1人作業

 基本的には1人で作業を進めていくことになります。

煩わしい人間関係がないというメリットとも言えますが、チームで動いたりコミュニケーション取りながら働きたい人には少し孤独を感じることが増えるかもしれません。

 運動不足

 基本座ってPCに向かう時間が増えるため、運動不足を感じる人も多いようです。

本業でも座り仕事をされている方は、別で時間を確保して解消する必要があります。

 作業量に収入が見合わないことがある

 PCで行う副業には収益化に時間のかかるものや、ある程度の作業量が必要なものがあります。

また、誰でもできるような仕事は低単価なものも多いでしょう。

副業に慣れていない最初の頃は、時給換算した時の低さからモチベーションが保てずに続けられないという意見もよく聞かれます。

セルフマネジメント

 働く場所も時間も自由が大きい反面、自分で時間を確保したり作業のペース配分を行って効率よく本業と両立していく難しさもデメリットとして考えられるかもしれません。

調べ物のつもりがただのネットサーフィンになってしまったり、ある程度自己管理できないと継続は難しくなってきます。

 まとめ

簡単そうに思えるPCを使った副業にも、上記のようなデメリットはあります。

ただし、感じ方は人それぞれです。内容によっては逆にメリットと感じる人もいるでしょう。

大事なことは自分にとってのメリットとデメリットをしっかり把握して副業を探すことです。

新しい可能性を広げるチャンスをぜひ副業ではじめてみませんか。

おすすめの記事