WEBライターで稼ぐには?

副業の中でも、在宅でできる仕事は人気が高く検討している方も多いのではないでしょうか。

PC1台」で「誰でもなれる」チャンスのあるWEBライターも人気の高い仕事の一つです。

誰しも一度は文章を書いたことがあるでしょう。

小さい頃から作文や感想文など、多かれ少なかれライティングスキルを磨いてきたとも言えます。

文章を書くことの延長であるライターという仕事は、特に副業未経験の方や迷っている方にはハードルも低く感じられるかもしれません。

では、実際にWEBライターで稼ぐにはどのようにすすめていくのが良いでしょうか。

まずはWEBライターとしてどうなりたいかを真剣に考える必要があります。

どんな職業でも同じですが、報酬の格差が非常に激しい仕事であることを理解しましょう。

同じ文字数、例えば2000文字の記事を書いてもライターによって報酬は数百円から数万円までとその差は非常に大きいです。

ライターによってどんな違いがあるのでしょうか。

差が開く原因の一つは取り組み方の本気度、つまりはプロ意識があるかないかです。

記事を書く目的への意識

 この記事はなぜ書くのか?読み手にはどのような行動を求めているか?着地をイメージできているかどうかでその文章や原稿の質は明らかに変わります。

目的を汲み取る力があるかどうかでクライアントが今後も任せたいライターかどうかが大きく分かれるでしょう。

目的を汲み取れる上で、さらに最適な記事構成の提案などを行える人は重宝されます。

知識やスキルがある

 クライアントに最適な提案を行えるようなライターは、総じて知識やスキルが高いです。

仮に現状低かったとしても、WEBライターとして働く以上「情報収集力」や「検索力」に加えて知識のインプットやスキルを高める努力は必須です。

SEO対策やアフィリエイトや広告収入などのマーケティングについても理解できていればより成果に繋がる提案ができるかもしれません。

案件の受注方法

 文字単価の高いものを受注していくことで大きく稼ぐことは必要でしょう。

記事の作成には当然ながら時間もかかります。

単価の安い案件を大量にこなすより、一本数万円の記事を書いた方が効率的なことは疑いようもありません。

単価を高めることが稼ぐ近道となるでしょう。

応募段階でアピールできるようなサンプル記事を作成したり、高単価で依頼される理由を作っていきましょう。

まとめ

WEBライターとして稼ぐために必要なことをあげてきました。

「誰でもなれる」からこそ、他と差をつけるためにはやはり本気度が大事だろうと思います。

ぜひ「稼げる」ライターを目指して本気で良い仕事を探していきましょう!

おすすめの記事