PCを使ってできる副業の種類

2017年に政府働き方改革実行計画がまとめられてからわずか6年。

インターネット環境の整備やコロナショックにより副業は非常に身近なものとなっています。

在宅ワークが増えたことで「空いた時間を有効に使いたい」「スキルアップをしたい」などの理由から副業を検討している人も多いのではないでしょうか。

稼ぐだけではなく本業に役立つスキルやITリテラシーを高めたいと、PCを使った副業を検討する人が増えています。

副業選びに迷っている方にいくつかおすすめを紹介します。

・データ入力

 特別なスキルを必要とするものも少ないため、特に本業でPCをあまり使われない方におすすめします。

wordExcelを使用するものが多く、まずは慣れるために始めるのも良いでしょう。

クラウドソーシングサイトを使えば仕事探しも難しくないはずです。

・ライティング

 こちらも取り組みやすい副業の一つです。

またタイピングスキルの上達の観点からもPC初心者におすすめできます。

WEBライターやブロガーを目指す方は手始めに始めてみるのも良いかもしれません。

こちらもクラウドソーシングサイトに多くの案件があります。

・ブログ

 短期的に収入面を考えると成果が出にくいですが、趣味や好きを活かしやすいという点では楽しみながら始められるのでおすすめします。

ある一定のファンがついてくれたり、価値観のあう方と出会いやすいなど、金銭面以外の経験が積み上がっていくので長期的に続けられる人に向いています。

ブログに集客できるようになってくると急激に収入がUPすることもあるようです。

・動画編集

動画配信サイトの人気はご存知の通りです。

今後も全体としての参入率は上がると見られており、動画編集ができる人は重宝されていくでしょう。

求人も多くあり副業として仕事が見つけやすいでしょう。

ネット上にも無料で学べるサイトも増えており学習しやすい環境です。

・せどり

 物販と聞くとハードル高く感じる人も多いですが、まずはフリマサイトなどで不用品を販売してみるところから始めてみましょう。

複数のサイトで物品売買して差額で稼ぐ、いわゆる「せどり」も人気な副業の一つです。

実店舗を巡って掘り出し物を見つけたり、ハンドメイド品を販売したり様々な進め方があります。

まとめ

 他にも動画配信やプログラミングなどの将来的には大きな収入になり得る仕事や、アンケートモニターやポイ活のような手軽に行える仕事も人気があります。

 副業では本業を続けているだけでは得られない経験ができたり、より自分の「やりたいこと」に重きを置いた働き方ができます。

さらに本業がある為辞めることのデメリットもほぼないと言えるでしょう。

まずは「お試し」でも、行動することで見える景色は確実に変わります。

 

まず一歩踏み出してみましょう!

 

おすすめの記事