副業ブームにあわせて、せどりという言葉を耳にする機会も増えてきました。

転売や買い占めといった悪いイメージが先行して初心者には少し敬遠されがちでしたが、正しく理解すればむしろ初心者におすすめの面も多く人気の稼ぎ方となっています。

書物語辞典(1936)によれば語源は不明ですが、昔からの王道の稼ぎ方で古くは300年前にも行われていたという説もあるようです。

そんなせどりで上手に稼ぐにはどうしたら良いでしょうか。

先に結論になりますが「安く仕入れて高く売る」ことです。

ただせどりにもいくつか種類や注意点があります。

・せどりの種類

「店舗せどり」

実際に店舗を見てまわり直接商品を仕入れる方法です。

メリットは商品の細部までチェックできたり、値下げ交渉が直接行えることが大きいでしょう。

デメリットとしては、近くに店舗がなかったり商品の大きさや重さによっては交通費や送料負担、車が必要などがあげられます。

「電脳せどり」

ECサイトやネットオークション、フリマアプリなどインターネットを使って仕入れを行います。

仕入れの手間が少なく、多数の商品を簡単に仕入れることができます。

実店舗ほど詳細を見れなかったり、対個人の取引も多く稀にトラブルに繋がることもあるようです。サイトや取引相手は慎重に選ぶ必要があります。

・せどりの注意点

「仕入れ商品の保管場所」

販売するには物がないといけません。

無在庫販売でのトラブルを避けるためにも保管場所を確保しておきましょう。

「初期投資」

物を仕入れて売るという性質から、まずは仕入れる為にある程度お金が必要です。

また商品の価格や人気、相場を調べる為にもPC必須です。

ツールを活用して売買の価格設定など上手に差額を作っていきましょう。

「古物商許可申請」

中古品を有料で仕入れして販売する場合、許可証が必要です。

罰則を受ける場合もあるので警察署に申請を行います。

注意点を理解した上で

種類や注意点を理解した上で実際に仕入れを始めていきましょう。

まずはわかりやすい特売品やセール品の仕入れがおすすめです。

またお子様向けの商品はクリスマス前にニーズが高まるなど売りやすいタイミングが掴みやすいので初心者でも販売しやすい傾向です。

本や化粧品も人気の高い売りやすい商品ですので、まずは自分がある程度の相場のわかるものから取り組んでみましょう。

慣れてきたらECサイトでの販売状況や相場、また検索急上昇キーワードなどを調べたりといった便利なツールを活用して仕入れと販売の差額を高めていきましょう。

せどりは「安く仕入れて高く売る」のが稼ぐ方法です。

注意点を踏まえた上で、商売の基本を実戦で学んでいきましょう!

 

おすすめの記事