短期バイトと単発バイトには明確な違いはありませんが、一般的には3ヶ月以内のアルバイトを短期バイトと呼ぶことが多いようです。

半日、1日単位が単発と呼ばれます。

週末に集中して稼ぎたい方に短期バイトを選ぶ際のポイントを紹介します。

人それぞれ平日の生活は違うので複数の視点で比較することが大切です。

報酬金額

一般に土日のバイトは平日よりも時給が高い傾向にあります。

また土日のみを中心に働くイベントスタッフなども、やはり時給が高い傾向にあります。

 

平日のみと比べればスタートから有利な場合が多いですが、その中でも夜間勤務の絡むアルバイトで高時給を狙うなど、時間帯や作業内容事の差もチェックしていくと効率よく稼ぎやすくなります。

ただ、最初の数回の勤務、数時間の勤務は「研修期間」などが定められていて時給が下がることもあるため、注意してみていきましょう。

仕事内容

 いくら高時給でもやはり仕事内容が良くなければ短期といっても辛いです。

少しでも「楽しめそう」「面白そう」な業務がある勤務先を選べると長くも続けやすくなります。

自己投資の一環として、業界について学べる職場であったりその道のプロとの人脈を築けるような所で働ければ、お金以外にも得るものは多いはずです。

趣味と実益を兼ねた働き方を意識して仕事内容をしっかりチェックしましょう。

わからないことは事前に問い合わせや下調べをして不要なトラブルを防止することも大事です。

生活とのバランス

 週末の短期バイトには土日の両日勤務が条件のものやどちらかのみ、または隔週勤務などさまざまな募集内容があります。生活スタイルに合わせた勤務条件を選びましょう。

週末バイトを探す方にはおそらくほとんどの方が平日に用事や本業があるでしょう。

別の予定が入る可能性もあります。スケジュールの都合がつきやすい仕事を選びましょう。

そもそも予定が変動しやすい方は、シフトが固定されていない単発バイトや、シフトが自己申告制のバイトも計画立てて予定組みができるためリズムを崩しにくいのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

そもそも多くの業界で土日や祝日は人手不足の傾向にあります。勤務希望が週末であれば高い報酬など重宝される可能性も高いでしょう。

ただその分忙しかったり、自分の予定が作りにくくなったりする可能性もあります。

休息時間などをしっかり管理していき無理をしないようにしてください。

上手にメリハリをつけながら無理なく楽しんで稼いでいきましょう!

おすすめの記事