短期アルバイトにおすすめの始めやすいものをご紹介します。

年間を通して求人があったり未経験でも始めやすいものですので、バイト選びの参考になると嬉しいです。

コールセンター

 オフィス内のデスクワークがほとんどで、顧客への電話対応が主な業務です。

仕事の種類は、お客様からの問い合わせに対応する「インバウンド」とお客様へ商品やサービス購入を促す「アウトバウンド」があります。

どちらもお客様とのコミュニケーションが仕事なので、人と話すのが好きな人に向いています。

未経験でもサポートやマニュアルはしっかりしたものが多く、さまざまな顧客と電話応対を重ねるうちに社会人にふさわしい話し方を身につけられるでしょう。

イベントスタッフ

 イベントに関する色々な仕事に携わるイベントスタッフは賑やかな雰囲気が好きな人におすすめです。働く仲間も20代が中心で、高校生や大学生も多く働いています。

イベントの種類は音楽ライブからスポーツの試合や展覧会など多数。

業務内容も会場受付や誘導、セット作りやグッズ販売など進行に関する色々な業務に携わります。

単発で高時給が設定されることも多いですが、コロナ禍で案件自体が減少している為、少し安定して働きたい方には向かないかもしれません。

また警備にも関わる内容であれば事前に研修を受ける場合もあります。

試験監督

 英検や模試などの試験監督業務です。

受験生に問題用紙や解答用紙を配り、試験中は不正がないかを確認して、試験終了後に用紙の回収を行います。

事前に会場準備や片付けがある場合や受験票の確認などをする場合もあります。

試験が始まってしまえば、座っていても良かったり体力的に楽さを感じる人が多いでしょう。給料の良さも人気の理由の一つです。

髪型や服装に制限がある場合がほとんどです。事前に確認をしましょう。

モニター

 企業が提供するサービスや商品を実際に客として体験し、その感想を伝える仕事です。

レストランで食事をして料理や接客のサービスを受けてアンケートに応える覆面調査、企業がターゲットとする客層の習慣などについて調査するために募集するアンケートモニターなどがあります。

スマホやPCで完結するWebアンケート、会って口頭で答える座談会があります。

稼ぐ目的なら座談会、楽しみながらなら覆面調査、余暇時間の活用ならWebアンケートのようにそれぞれの特徴を見ながら選ぶと良いでしょう。

まとめ

他にも本当にたくさんの種類の短期バイトがあります。気が向いた時に手軽に稼げる短期・単発のバイト、みんなでワイワイ楽しく働く職場や一人で黙々と作業するものまでバラエティ豊かです。

自分に合った週末バイトをしながら、楽しく無理なく稼いでいきましょう。

おすすめの記事