金融庁の出した報告書で「老後2000万問題」がメディアでも大きく取り上げられました。

65歳の夫と60歳の妻がそれぞれ30年ずつ収入無しで生きた場合約1980万円不足するという計算が出されましたが、みなさんはどのように受け止められたでしょうか。

「そもそも95歳まで生きる気がしない」と現実逃避気味な私のような方もいれば、しっかり政府からのメッセージを受け止めて老後に備えている方もいるかもしれません。

今回この記事を書かせていただくにあたって、自分なりに少し調べてみての結論はズバリ「余裕ない会社員副業するべき」です。

以下その理由をお伝えします。

将来に向けて資産を形成していくことの重要さや、実際に副業などを始めるキッカケになれば嬉しいです。

毎月5万5千円貯金できるか

 非常に乱暴な計算ですが現在35歳の男性が65歳で定年を迎える場合、毎月5万5千円の貯金をし続けることができればなんとか1980万円を用意することができます。

ただ毎月この額を貯金し続けるのは非常に難しい方も多いのではないでしょうか。

少なくとも今の私にははっきり言って無理な金額です。

現在の給料から月5万上げることや、毎月の支出を後5万下げることも正直現実味がなく難しいです。

そして同じような境遇の方も少なくないのではないかと思っています。

転職や起業のリスク

 転職や起業が身近なものになりつつあることはもちろんですが、例えば家庭の状況や年齢などで不安があったりできない人はまだまだ多いはずです。

そもそも本業が好きという方も多いかもしれません。

その点でも副業はリスク少なく始められることが大きいでしょう。

時間的な制約や労力はありますが本業があればいくらでも方向転換は可能です。

スキルアップ

 好きや得意を活かした副業を始めることで、新たな能力が身につくことは間違いありません。

それで稼げるようになって本業になったり、そもそも本業の方で活かせるスキルが身につき本業での収入がUPしたという話もよく聞きます。

今、政府が副業を推進しているワケは「老後年金だけで生活していくのは厳しいから自分で用意してね」ということです。

日本人の平均寿命は年々増え続けており、人生100年時代に突入しはじめています。

寿命や収入、家族構成や現在の貯金額などは人それぞれで必ずしも前述した計算式に当てはまる人はいないかもしれません。

また不足する金額についても平均値であり、人それぞれ改めて計算してみる必要があるでしょう。

それでも老後に貯蓄はあって困ることはないでしょう。

今だけでなく未来を考えたライフスタイルを形成できるようにしていくためにも本業以外の収入源を考えると副業は非常に有効な手段だと思います。

種類も豊富でスキルアップにつながるものも多いのでぜひあなたも検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事